プロベラとして使われるテストステロンは身体の健康状態や活力にかかわっています

プロベラとして使われるテストステロンは身体の健康状態や活力にかかわっています

男性ホルモンであるテストステロンとは、男性的なあらゆる身体のはたらきをコントロールしているホルモンのことです。

判断の材料★プロベラ錠の個人輸入・海外通販ならTOP http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/provera10mg.html

■テストステロンの分泌量が多いと脳梗塞や心筋梗塞、がん疾患に患わされなくなります。
テストステロンの値がもっとも高いグループと低いグループを比較した調査の結果、まず、脳梗塞や心筋梗塞などの血管系の病気にかかる割合に約5割もの差が認められています。また、がん疾患にかかる割合に関しては、統計結果に約3割の差が存在しました。

これは、テストステロンの量に応じてその地域に住んでいる男性を4グループに分類して調査した米国で行われた実験にもとづくデータです。テストステロンの分泌量と男性の健康や活力、エネルギーなどには密接な関係があると言えます。

■テストステロンは仕事や趣味などにおける精神的な活力も促進します。
テストステロンは肉体的な身体のあらゆる疾患や体力のみに限らず、精神的な原動力とも深く結びついています。具体的な精神面でのテストステロンのはたらきとは、仕事や趣味、その他あらゆることに対するやる気を増進し、業務の業績や勉強、スポーツなどの競争性がある物事における闘争心を湧きあがらせることです。

また、幸福感や快楽を引き出すはたらきを司る、いわゆる報酬系統に属する神経回路のはたらきを促進する役割もテストステロンにはあります。スポーツの試合で勝利した時や、受験や試験に合格した時、仕事の業績が認められた時などには、誰しも大きな達成感や幸福感を感じるものですが、テストステロンが豊富にあればよりその快楽が増大します。

■健康的でエネルギーに満ちた人ほどテストステロンが多く分泌されています。
アメリカで行われた大規模なテストステロンの分泌量に関する調査の結果、健康的でエネルギッシュな人であればあるほどに数値の衰えがほとんどなくなることがわかりました。テストステロンの分泌量は、基本的に10代の後半あたりから20代にかけてピークを迎え、中高年にかけて減少していくものです。

しかし、中には80代であっても20代の若者以上にテストステロンが潤沢に分泌している人も存在します。そのような方は、年を重ねても認知機能が若々しく、疲れにくい身体を維持しています。

■ホルモン補充療法で男性ホルモンの不足によって引き起こされる体調不良から回復できます。
ホルモン剤やホルモン注射などによって、不足している男性ホルモンを補充する治療方法をホルモン補充療法と言います。男性ホルモンにはいくつかの種類が存在し、総称してアンドロゲンと呼称されているものですが、その中でもテストステロンは特に重要な役割を担っている大切なものです。

骨や筋肉を健康的でたくましく維持し、性欲や性機能を司り、血液をつくるはたらきなどを促進しているからです。そんなテストステロンが不足すると体調不良の原因になるので、必要に応じてホルモン補充療法を行いましょう。

■専門医の診断を受けて適したホルモンバランスを把握した上でホルモンを補充しましょう。
ホルモン補充療法を行う際には、かならず専門医の診断を受けた上でホルモン剤を摂取しましょう。男性ホルモンが過剰に不足することも問題ですが、人によって適したホルモンバランスは異なるからです。男性ホルモンの補充によって活力を得るどころか、場合によっては、ホルモンバランスの乱れでさまざまな体調不良が引き起こされてしまいます。

テストステロンは、あらゆる男性的な活力や健康状態などに密接に関わる男性ホルモンです。補充する際には、専門医の診断で自身の適切なホルモンバランスを把握してから行いましょう。

女性ホルモンを得るためにはプロベラのようなホルモン剤のサプリメントに頼りすぎないこと

女性ホルモンを得るためにはプロベラのようなホルモン剤のサプリメントに頼りすぎないこと

女性ホルモンが、健康と美を保つということはいま広く女性の間で知られています。しかしながら、その正しい知識というのはあまり浸透していないようです。ホルモン剤には飲むタイプや張るタイプなど様々なものがありますが、飲むタイプのサプリメントのような低用量のものであれば簡単にネットや薬局で買うことができてしまいます。

お肌をつやつやに保ちたい、女性らしいボディラインを保ちたいといった簡単な理由で誰しもがサプリを接種することができてしまうのです。これは、綺麗になりたい女性にとってありがたいことでもありますが、同時に恐ろしいことでもあります。簡単にサプリに頼り、また友人同士の口コミなどで簡単におすそ分けができてしまったりと口に入れるものに対しての危機管理が薄れてしまうことにつながるからです。

体に日々取り入れるものは体質へとつながります。一時的な効果のみを期待するのではなく、長いスパンで付き合っていくことのできる、自分の体にあったものを選びたいものです。最初は調子がよい、と思うと人は「これは効果のあるものだ」と錯覚しがちです。しかしながらすぐに効果がでるものは劇薬である可能性もあり、副作用も懸念されます。

また、サプリにより女性ホルモンを保つという生活を続けてしまうと、摂取をやめた時に自らホルモンを生成しにくい体になってしまうというのです。何事もほどほどに、が必要です。サプリメントに頼るのも決して悪いことではありませんが、日々の食生活に大豆など女性ホルモンを形成しやすい食材を積極的に取り入れるなど無理のない対策から始めましょう。

意識すべきは、サプリメントで得る一時的な効果ではなく、ホルモンをつくりやすい体つくりをするための、補助食品の役割なのです。